ライフプラン相談および資産形成・資産運用相談では、         金融商品の勧誘・販売行為はいたしません。

ごあいさつ


2016-01-08 17.36.59.jpg

ホームページにお越しいただき、ありがとうございます。

代表の須原 國男(すはら くにお)と申します.

 

2須原様お写真(トリミング済 ).jpg

     代表の須原です。

金融機関等の特定企業に所属しない独立系

ファイナンシャルプランナーとして公正・

中立なアドバイスを提供しております。

ライフプラン相談、資産形成・資産運用相談

遺言書作成相談が中心です.


お客様との面談では、長年のモットーである

・「誠実に」

・「謙虚に」

・「笑顔を絶やさずに」を心掛けてます。


このホームページをご覧になっているあなたはご自分にふさわしい独立系FPを

さがしていらっしゃることと思います。

ではどんな独立系FPがふさわしいのでしょうか?


下記の4条件を満たすことだろうと考えております。


@相談分野に関して十分な実務経験と知識・ノウハウを持っている

 FPが実務経験がない、あるいは中途半端な知識・ノウハウしか持ってなけれ

 ばお客様の要望に応えられるアドバイスは難しいと考えます。


A顧客利益を最大限考える

 証券や保険の勧誘が主目的の場合は、手数料収入を優先することとなり、

 お客様の利益は二の次になる恐れがあります。


B誠実で信頼できる人柄である

 どのビジネスでも言えることですが、特にFPはマネーにからむ業務なので、

 誠実で信頼できる人柄は絶対条件です。


C他の専門職との人脈を持っている。

 お客様の要望が自分の得意分野でないこともあります。

 そうした場合でも、信頼できる他の専門職をご紹介できる人脈を持つこと

 が望まれると考えます。

 

得意分野やタイプの違う多くのFPがいますので、それぞれの特徴を比較して

ご希望にもっとも合うような独立系FPを見つけてください。そのためには

実際にお会いして判断されるのがベストです。


私の場合 初回面談の最初の30分は無料ですので気楽にお会いできます。

面談を申し込まれるかどうか迷われている方は当事務所の特徴だけでなく

略歴は「略歴」 お客様からの反応はお客様の声よくあるご質問 

料金はサービスと料金体系をご参照されて決められると良いでしょう。

講演依頼は過去の講演実績セミナー」をご参照いただければと思います。

 

私は主にライフプラン相談、資産形成・資産運用相談、遺言書作成相談を専門

としてます。

「ライフプラン相談」「遺言書作成相談」では、私の長い人生経験で習得した

知識・ノウハウと多くの士業と築き上げてきた人脈がお役にたつはずです。


「資産形成・資産運用相談」では日本証券アナリスト協会公認の2つの資格

である「証券アナリスト」と「シニアプライベートバンカー」に裏打ちされた

証券知識や投資理論はアドバイスを提供する上で大いに有効です

 

2つの資格の概要をご紹介いたします。


証券アナリスト”は、証券投資の分野で市場を分析・調査する専門職です。

私は日本証券アナリスト協会認定証券アナリストの資格を保有してます。

証券分析・調査の専門家としてもっとも権威のある資格です。


”シニアプライベートバンカー”は、日本証券アナリスト協会が創設し、

主に富裕層向けの財産保全を目指したプライベートバンカー資格の中の

最上位のものです。

2019年4月時点で資格保有者は106名のみです。 

名簿のご参照シニア・プライベートバンカー資格保有者

 

資産形成では、若い方を中心に将来のライフプランを充実したものにすること

を目標として、望ましい資産形成のやり方をアドバイスいたします。

資産運用では、中高年以上や富裕層の方を中心に、財産を守ることを最重要の

目標としてアドバイスいたします。

 

これらの目標達成には下記の投資スタイルが望ましいと考えます。

@長期投資

A分散投資

B積み立て投資

Cコスト(販売手数料や信託報酬)の安い投信・ETFを優先


「つみたてNISA」はこれら4つの条件を満たし、さらに20年間は分配金

や運用益が非課税になるので大変お得な資産形成法です。非課税枠が

年間40万円と少額ですが、逆に考えると証券投資の初心者が始めるには

絶好の投資方法です。また証券投資でうまく行かないと悩んでいる方に

とっては、つみたてNISAを通じて望ましい資産形成法を学んでいただく

良いきっかけになります。

「つみたてNISA」のメリットをご理解いただけたらと思います。

金融庁ホームページ つみたてNISAご参照


米国では「生涯仲良くしたい3人の友人として医者、弁護士とならびFP」

をよく挙げております。いつでも相談できる信頼できるFPが身近にいると

「人生でお金に関しての悩みが減ってくる」からなのでしょう。

日本ではそこまで評価は高くありませんが、私はできるだけ米国のような

長期にわたって相談相手になれるFP目指したいと心がけております。

 をモットーとしておりま

<主なご相談メニューと解決策の手引き>


資産形成・資産運用方法

老後に備えて退職金や貯金をどうやって運用したらよいか?

将来の年金があてにならないので資産形成のやり方を教えて欲しい。

・マイナス金利時代にどうやって財産を守るべきか?

資産形成・資産運用方法のご案内

 

投信選択法・株式投資法

・営業マンの勧める投信は納得がいかないのでセカンドオピニオンが欲しい。

・証券投資を考えているが基礎から教えて欲しい。

投信選択法・賢い株式投資法のご案内

 

遺言書作成等

・遺言書を作成したいがどうやってよいかわからない.

・相続対策について信頼できる相談相手を探している。

遺言書作成等の相談のご案内

 

ライフプラン

・社会人になったので今後のライフプランを相談したい。

・結婚するのでキャッシュフロー表を作成したい。

ライフプラン相談のご案内

 

 

 

→ 「略歴」についてはこちら

当事務所の特徴

当事務所の特徴

特徴1 ファイナンシャルプランナーになった動機と強み

日本と欧米で30年以上証券業務に従事し、リサーチ会社に転籍後は証券アナリストの資格を取得しました。

そういった長い経験で習得した知識やノウハウを社会

貢献に役立てたいという思いから、FPになりました。

証券業務の経験と知識・ノウハウは十分あります。

                   

 

特徴2 「顧客利益」を最優先したアドバイス
         
(1)保険・証券等の金融商品は勧誘・販売しません。

(2)複数の中立的なご提案をします。

(3)お客様のコストを低く抑えるよう努めます。

お客様の大半は中高年以上の方で、高齢者の私は 自分

のことのような気持ちでご相談に応じます。


 

特徴3 資産形成・資産運用で最も大事なのは
   アセットアロケーション  

資産形成・資産運用の巧拙はアセットアロケーション(資産配分) で80%以上決まると言われてますので、この アセットアロケーションを最優先します。 そのためには、世界の経済・マーケットの動向の把握 顧客のリスク許容度の判断が必要です。運用スタイルは、長期、分散、時間分散を基本とします。

 


 

 

他の専門職とのネットワークの構築


税理士、弁護士、司法書士、行政書士、社労士、
中小企業診断士、不動産鑑定士等の信頼できる専門職の方々と のネットワークがありますので、 お客様の幅広い要求にお応えすることができます。

→ 「当事務所の特徴」について詳しくはこちら

サービスのご案内

 

ライフプラン相談
 
資産形成・資産運用
 
投信選択・株式投資
         
   

ライフプラン相談でお悩み

の方は下記の詳細をご覧

ください。

→ 詳しくはこちらへ

 

自分に適した資産形成

・資産運用方法をご希望

される方は記の詳細

ご覧ください。

→ 詳しくはこちらへ


投信の選び方、株式投資

手法でお悩みの方は下記

の詳細をご覧ください。

→ 詳しくはこちらへ



遺言・相続問題
 



生命保険の見直し

 

       

 
 

遺言作成・相続問題では下記の詳細をご覧ください。

→ 詳しくはこちらへ

 

 

生命保険の見直しでは

記の詳細をご覧ください。

→ 詳しくはこちらへ

 

 

 

 
 
         
 

 

 

 

 



お問合せはこちら

 

たとえば下記のようなご相談をよく受けます。

  • 退職金をどう運用していいか悩んでいます。
  • 投信の選び方について教えて欲しい。
  • 遺言や相続はいつ頃から考えるべきですか?
  • 保険料が高いので見直したいのですが・・・
  • ライフプランの相談にのってもらえますか?

気軽にご連絡くだい

どんなご質問・お悩みの相談でも構いません。

初回面談の最初の30分は無料といたしますので、イメージに会わないと

判断されたら途中で面談を打ち切ることもできます。

どうぞ気楽にご連絡ください。


1度ご相談すればきっとお気持ちが楽になってくると思います。

お電話またはお問合せフォームよりのご連絡をお待ちしております。


お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

TEL : 03−5537−5274

受付時間:9:00〜19:00(日祝日は除く)

→ お問合せフォームはこちらへ

▲このページのトップに戻る